ログイン

検索

カート

おあとがよろしいようで。

閲覧数
198
評価
評価はまだありません
販売日
2013/07/25
販売者
【公式】松文館
ページ数
169ページ
閲覧方法
  • PDFダウンロード
  • webブラウザ

対応デバイス

  • PC
  • iOS
  • Android
  • 電子書籍リーダー

購入はこちら

価格:540pt

カートに入れる

サンプル画像

商品の紹介

オレは布袋屋黒犬、落語家――と言っても
この間やっと名前をもらったばっか、下っ端のペーペーだ。
想い人にしてお師匠さんの布袋屋小禄。
20代半ばで師匠とまで呼ばれる地位にまで昇進した実力、若いのに威張るでもなく、
穏やかで誰にも優しい人柄、文句の付け所が無い――かのように見えて実は――!?

表題作「おあとがよろしいようで」他、「ネコを飼う」「それはとても晴れた日で」「ハネムーン」「平凡ライフプランニング」「僕は好きさ。」「言葉にできたら」を含む全7本を収録した、著者初となるBL作品集。

購入はこちら

価格:540pt

カートに入れる
動画ビューワアプリが登場

商品関連タグ

商品問い合せ

商品オプション

おすすめ商品 PickUp!

一般向け作品へ

TOPへ