ログイン

検索

カート

【個人撮影】パイパン由衣24才/人間燭台を作ってみた

閲覧数
29919
評価
5
レビュー
3
販売日
2014/10/14
販売者
はじめマスター
再生時間
25:10

対応デバイス

  • PC
  • iOS
  • Android

購入はこちら

価格:1499pt

カートに入れる

サンプル動画

サンプル画像

商品の紹介

FC2ブログの「パイパン**の野外露出とSM**」でおなじみ由衣(24才)の室内SM**シリーズ。


【コンテンツ内容】

蝋燭、燭台、浣腸(浣腸液挿入シーンそのものは映像には含まれていません)、呼吸制御(**)、鞭、苦痛のオンパレード。

約40分の動画を25分にまとめました。
そのうち、燭台作成まで20分程度です。

自宅のテーブルの足に肘と脛と足首を縛って、大の字に固定しました。(アングルはほぼこの状態です)
胸に残るロープの跡や痣からも、この**開始前に、既に激しい**を受けていた事がわかります。

目隠しを施し、口枷だと言葉を発する事が出来るので強力ガムテープ(水道工事なんかで使う物)を幾重にも貼り付けて、何も言えないようにしました。
もちろんアソコはプレイ前に剃毛してツルツルの無毛。

前回の燭台は乳首とクリだけでしたが、今回はヘソも追加。

SM縄の端をほぐして蝋燭の芯替わりにして、蝋燭を作成。
乳首に蝋を大量に垂らして、乳首蝋燭の完成。

股間は、左右のビラに洗濯ばさみを噛ませて左右に大きく広げます。
クリが剥き出しになる様に、包皮にも洗濯ばさみを噛ませます。
洗濯ばさみにガムテープ貼り付けて大きく広げて、蝋が敏感な部分に直に当たるようにしました。
もちろんクリは剥き出しのまま蝋を浴びます。
そして形を整え、クリ蝋燭の完成。

最後はヘソの穴に芯を差し込み蝋を溜めて、ヘソ蝋燭が完成。

4つの蝋燭が出来た所で、40ccの浣腸液を挿入(浣腸液挿入シーンそのものは映像には含まれていません)。

浣腸が効いてきてお腹が痛くなった頃合いを見て、由衣を人間燭台として使う事にします。

炎を灯して、部屋の明かりを消すと幻想的な光。
やがて、クリが炎で熱くなり**をあげる由衣。

ラストは、クリが熱くなり、お腹の苦しい由衣を更に苦しめるため、呼吸穴として残していた鼻をガムテープで塞ぎます。
更に、クリをめがけて何度も激しく鞭を振り下ろします。

もちろん、トイレなんか行かせません。

何故、こんな**が出来るのか?
それは、**として由衣本人が強く望んでいるためです。

真性M女の由衣が望む**がここにあります。


【アップロード時の映像ファイル内容】

長さ:25分10秒
サイズ:1280×720ピクセル
アスペクト比:16:9
ファイル形式:mp4
ファイルサイズ:844 MB
その他:映像撮影時の画像15枚を購入完了画面へ入れました。
再生時の注意:再生の際の縦横比がおかしい場合は、ダウンロード後にアスペクト比を変更できるフリーソフトの「gomplayer」等で再生願います。


【必ずお読みください】

※利用規約に基づいた作品であり、違反する内容ではありません。
※ブログをご覧の方はおわかりだと思いますが、撮影許可をモデルから得て撮影を行っております。
※映像は、顔や陰部には修正を施しています。また背景についても、近隣の方々に迷惑がかかる個所には若干修正を加えています。
※***の閲覧・購入禁止。
※**ポルノに該当するデータではありません。
※映像についてストリーミング出来ない場合は、ダウンロードして再生して下さい。
※再生に支障がある場合は、コーデック等がご利用端末にインストールされている事をご確認下さい。
※作者作品の動画及び画像の転載、転売、公開等、二次使用を一切禁じます。
※FC2コンテンツマーケット以外で、この作品を見た方はご一報願います。
(不正利用確認できて、下手人捕獲に繋がった場合はささやかな謝礼を致します)

購入はこちら

価格:1499pt

カートに入れる
動画ビューワアプリが登場

レビュー

平均評価:5
  • やはり磔の方が良いですね。(^_^)

    5

    今度は是非これを野外でやってください。(^_^)あと全裸+首輪+後ろ手縛りでのお散歩プレイがもっと見たいです。

  • Deepでたのしい

    5

    楽しんでますね。まさに個人撮影。もっと見せてほしいです。おもらしも。

  • とてもいいです(・∀・)

    5

    このモデルさんの苦しむ所がなぜかとてもそそりります(`・ω・´) はじめマスターさんもっとこの女性が 悶える姿を見せてください(笑)

商品関連タグ

商品問い合せ

商品オプション

おすすめ商品 PickUp!

一般向け作品へ

TOPへ