Login

Search

Cart

【民泊いたずら】21歳の来年からローカルTV局のアナウンス部に内定している女子アナJD(ミスコン優勝経験有り)が寝たのでいたずらして精子ぶっかけてみた

Number of Views
1052
Rating
5
Sale Day
2019/11/16
Seller
tkks
Play Time
24:58

Supported Devices

  • PC
  • iOS
  • Android

Purchase Here

Price:980pt

Put in Cart

Sample Video

Sample Images

Product Description

都内で民泊を営んでおります。

都心から徒歩圏内の部屋を、女性限定で1泊700円で貸しております。

ネットカフェよりも安く、ちゃんとした部屋に宿泊できるということで、意外なことにも若い女性が一人旅でよく利用してくれます。

理由は様々ですが、芸能人のライブがあるのでというのが一番多いですね。

たまに普通に観光の方もいらっしゃいます。

この子は21歳の大学生で、なんと来年からアナウンサーに内定しているという女の子です。
地元のテレビ局のアナウンス部だとのことでしたのでどこの地方かは彼女のためにも伏せておきます。
清純さ溢れる正統派美女でありながらスタイルも良く、胸の大きさはF~Gカップくらいはありそうな膨らみをしておりました。

しかしルックスだけではアナウンサーになることはできないので、きっと知性も高く物怖じしない精神力も兼ね備えているのでしょう。
元々はアナウンサーになる気は無かったようですが、通っている大学でミスコンに参加して見事グランプリになり、友人だけでなく大学の先生からも
「アナウンサーにもなれるのではないか。目指したらどうか」という話から徐々に興味が湧いていったようですね。
ただ彼女ほど天に二物も三物も与えてもらったような女性でもキー局での面接は通らなかったようです。
しかしお偉いさんの目に留まったようで、系列の地元の局を紹介してもらい無事面接に合格・内定となったとのことでした。

地方局といえども女子アナといえば超花形の憧れの仕事です。
私が優秀だと褒めちぎったところ、「全然そんなことないですよw本当に運がよかっただけですw」と謙虚なことを言っておりました。
こんなに美人でスタイルも良く、なおかつ性格も抜群に良いとなれば人気が出ないわけがありません。
地方からじわじわと彼女の素晴らしい魅力を発信してもらいたいものですね。

人気女子アナになることを祈りながら、夕食にラリホーを仕込んでゆっくりと眠らせてあげます。

折を見てそっと部屋に入っていくとちゃんと布団に入って眠っています。
寝顔もあどけなさがあってとてもかわいいですね。
布団から出ている真っ白な二の腕に優しくタッチし、さらには鎖骨のあたりまで手を這わせてみます。
すべすべな肌質がたまりません。

そっと布団を捲り上げると、白いTシャツを着用していました。
仰向けになっていても分かるほど胸が大きいです。
本当に素晴らしいスタイルをしていますね。
慎重に二の腕の内側を揉みほぐしながら、手の甲をゆっくりと横乳に押し付けます。

Tシャツ越しにも伝わってくる豊満で弾力のあるおっぱいに何度も手を押し付けて揺れを楽しみます。
柔らかさと弾力が直に伝わってくるノーブラおっぱいは最高です。
たまらず手の平で柔らかそうな乳房を包み込んであげます。
感触を確かめるようにゆっくりと揉み込み、豊満な弾力を楽しませてもらいます。
力を入れて鷲づかみしてみると、指がどんどんとめり込んでいく最高の触り心地をしています。

両方の乳房を執拗に揉みしだきながら、首元からTシャツを持ち上げて中身を覗き見してみます。
真ん丸キレイな乳輪とコリっとした乳首がすぐに見えてしまいました。
本来であれば高嶺の華であるはずの未来の女子アナの乳首をこんなに簡単に見てしまってよいのでしょうか。
我慢できずにTシャツの中に手を突っ込んで生乳の感触を味わいます。
手の平にピッタリとフィットしながらも指がめり込んでいく最高に幸せな触り心地です。
ギュっと力を入れて乳房を鷲づかみにしながら、中心に感じるコリっとした乳首も指で挟んで摘まみ上げてみます。
クリクリと弄っているうちに心なしか硬く尖ってきたように感じます。

さらに布団を下まで捲って程よい肉感の太ももにも手を這わせます。
柔らかいだけでなくしっかり筋肉があって引き締まっており、日々の努力を感じさせる素晴らしい質感です。
お腹の方からゆっくりとTシャツを捲り上げていきます。
少しずつズラしていくと真っ白な下乳が現れ、さらに捲り上げると真ん丸でキレイな乳首ちゃんが露わになってしまいました。
仰向けで寝ているのに存在感のある素晴らしい乳房をゆっくりと入念に揉みしだきます。
乳首を指先でこねくり回しているうちに若干硬くなってきている気がします。

たっぷりと唾液を染み込ませたおじさんの舌で、コリコリになっている乳首をゆっくりと舐め上げます。
舌全体を使ってねっとりと舐めながら、舌先で円を描くように乳首を舐めまわします。
べっとりと唾液が付着した乳首を口内に含んで転がしてあげます。
心なしか恍惚とした表情を浮かべながら、乳首を完全に勃起させて感じてしまっているようです。
なんていやらしい女子アナなのでしょうか。
両方の乳首を入念に舐めまわして、ねっとりとした唾液をたっぷりと染み込ませてしまいました。

大興奮してしまった私は彼女にキッスしてあげることにしました。
美しい寝顔に顔を近づけ唇を優しく重ねてあげます。
おじさんの舌を彼女の口内に無理矢理突っ込もうとするとまさかの事態が起きます。
あっさりと口を開いて私の舌に自分の舌をねっとりと絡みつかせてくるではありませんか。
これは起きていて私のことを受け入れてくれたのでしょうか?それとも無意識の中で彼氏にでもキスされている気分になっているのでしょうか?
おそらく後者の可能性が濃厚だと思いますが、こんなに美しい女性が私の舌を欲しがって必死に舌を出して唾液を飲んでくれる姿は最高に興奮してしまいます。
たっぷりとお互いの舌を絡ませ、愛し合うカップルのように濃厚なキッスをしてしまいました。

これは下のお口もたっぷりと可愛がってあげないといけませんね。
脚を開かせるとパンティの上からぷっくりとした股間を優しく擦ってあげます。
脇からパンティをまくり上げみると、肉厚で気持ちよさそうな上にビラビラの無い美しいおまんまんです。
柔らかそうにこんもりと膨らんだ大陰唇の真ん中に一本スジが入っているだけの美マンちゃんですね。
しかも指で広げてみると愛液をしたたらせておりじっとりと湿っているではありませんか。
クリトリスを入念に擦り続けていると、だんだんと彼女の呼吸が荒くなっていき切ない吐息まで漏らし始めてしまいました。

未来の女子アナが私の愛撫で感じて濡らしていることに大興奮した私は、カメラを全体が写るように固定してからたっぷりとクンニしてあげることにしました。
舌がクリトリスに触れた瞬間にビクッと身体を震わせながら口を半開きにして切ない吐息を出しています。
時折身体をビクつかせながら「はぁ…はぁ…」と快感に溺れていく様子が最高に興奮します。
舐めているうちに愛液がどんどんと溢れてきてしまいびちょびちょのスケベ女子穴になってしまいました。
無意識に感じまくってしまう素晴らしいエロボディを持っているようですね。

当然のようにフル勃起してしまった私はズボンを脱ぎ捨てて肉棒を取り出すと、彼女の手をとって握らせてあげます。
恍惚とした表情のままで眠っている彼女の手を無理矢理動かしてビンビンのちんぽをシゴかせます。
さらに彼女に馬乗りになって豊満な乳房に熱くたぎった肉棒を挟んでみます。
柔らかなおっぱいに包まれた感触はなんと気持ちの良いものなのでしょうか。
無理矢理パイズリし、亀頭を乳首に押し付けてちんぽ全体で彼女の美巨乳をたっぷりと汚してしまいました。

さらにぷるぷるの唇に肉棒を押し付けてみると、先ほどと同じように自ら口を開いて肉棒を咥え込んでしまいました。
しかも美味しそうに味わっているようにすら思えます。
キレイな顔の上におじさんが跨り無理矢理ちんぽを突っ込んでいるというのに、彼女はうれしそうにフェラチオしているように感じます。
なんという肉棒好きのスケベでドMな女子アナなのでしょうか。
彼女が喜んでいると確信した私は腰を動かしてオナホールのように彼女の口を使わせてもらいました。
苦しそうに唾液を溢れさせながらもきっと私のちんぽを味わうことができてうれしかったことでしょう。
彼女の口内に大量の我慢汁流し込んであげました。

完全に私のものになってしまった彼女の隣に添寝し、さらに彼女の身体を好き放題にいたずらします。
体勢を強引に横向きにし、ズボンを脱いでギンギンに勃起したちんぽを彼女のお尻に擦りまくります。
上質なプリンのようなお尻に押し付けながら、いやらしい乳首をしゃぶり尽くします。
パンティの中にちんぽをねじ込んでお尻の摩擦を楽しんでいると気持ちが良すぎてやばいです。
きっと彼女の身体もこの状況を楽しんでいることでしょう。
お互いが求めあっているのですから罪悪感はありませんね。

今度は上を向かせて脚を開かせ、股間にも肉棒を押し付けて擦り付けます。
パンティと股間の間に肉棒を挟み込み、まるで愛し合うカップルのようにキッスをしながら激しく腰を動かしてしまいました。
彼女の太ももと股間で肉棒を挟むと本当にセックスしているかのような錯覚を覚えます。
そうこうしているうちにもう肉棒はパンパンに腫れ上がり発射寸前です。
最後は彼女のおっぱいめがけて大量のザーメンをぶちまけてしまいました。
ものすごく興奮していたため非常に多くの精子が発射されているのが分かります。
彼女の大きなおっぱいを伝って濃厚な精子が流れていきます。
べっとりと染み付いてしまった精子をティッシュで丁寧にぬぐい取り、彼女のTシャツを戻して布団をかけて何事もなかったかのように撤収しました。

寝ています。
起きないような食事の配合をしてしまいましたので熟睡しているのでしょう。
ギリギリで生きている感じがします。

きっともう取返しはつかないと思います。
この趣味(と言っていいものか)にすっかりハマってしまいました。


フォーマット:MP4
時間:24分58秒


■作品に登場する人物は18歳以上のモデルであり契約の上で撮影しております。
■サイトの規約に違反するものではありません。
■オリジナル商品の為、第三者への送信・転載・転売・二次使用等厳禁です。

Purchase Here

Price:980pt

Put in Cart

Product Inquiries

Product Options


To TOP
Recommended