Login

Search

Cart

個人撮影 息子と禁断の関係を持つ54歳ド淫乱おか○さんを旦那と僕とで永遠の責めに絶叫狂う 54分

Number of Views
198860
Rating
3
Review
3
Sale Day
2014/11/19
Seller
個撮撮り
Play Time
54:23

Supported Devices

  • PC
  • iOS
  • Android

Purchase Here

Price:1600pt

Put in Cart

Sample Video

Sample Images

Product Description

個人撮影 息子と一家を交えた禁断の関係 両親と僕 54分


身動きが出来ない状態で旦那さんと息子さんに責められていますが
責められているお○さんは淫語絶叫で「チンポが気持ち良い!もっともっと!」と
叫びまくっている姿は完全に頭が狂っているとしか思えない程です。
こんな淫乱変態お○さんを身内でハメまくる内容です。
かなりの絶叫ですのでボリュームには気を付けてください。



ある禁断の肉体関係が投稿されているサイトに書かれていた本人手記です

旦那57歳とおか○さん54歳のセックスはとても激しく時折2階の自分の部屋にまで聞こえてくるおか○さんの喘ぎ声が
気になり興味本位で覗いた所、身動きできない状態で無理やりされているかの様にギンギンの肉棒で掻き回されていました。

当時の自分といえば初めて出来た彼女とたまのセックスぐらいのもので内容も至って普通でした。
しかし、そんな光景を見てしまって依頼、あの光景が頭から離れず彼女との行為にも
物足りなさを感じ次第に関係は自然消滅となりました。

そんな中、両親の声が聞こえてくると両親の寝室を覗く事が日課になっていたある日、ハメられている
姿の中、と僕の目線が合い慌ててその場を離れました。
しかし喘ぎ声は止まりません。
むしろ先程よりも大きな声で喘いでいます。

気になりもう1度覗いてみるとこちらを向き僕の方を見ながら行為を止めず声をあげています。
それは完全に僕が見ている事を分かっている様です。
僕はそんな姿を見ながら射精をしました。

次の日はというと「何覗いてるのよ。彼女はどうしたの?」と特に気にしていない様子です。
両親の行為の事には触れず先日別れたと言うと特に何も言わずその場から離れ買い物に
行ってしまいました。

その日の晩、とんでもない事になりました。

いつもの様に覗きに行きおか○さんと目線を合わせると「ね、見てるでしょ」とおか○さんが言ったのです。
両親2人共にバレたと思い慌てて自分の部屋に逃げ込みました。

少ししてからドアがノックされ、おと○さんが入ってきました。
「なぁ、別に怒ってないから安心しろ。お前も男なんだし興味あるのはわかるぞ」
「お前彼女と別れて女が居なく溜まってるんだろ、だから両親の行為を覗くなんて事するんだ」
「別に俺は構わないから明日もまた見ていいぞ。それだけだ」
と言って部屋を出て行きました。
僕はこの話にあっけにとられ暫くの間、何が起きたのか分からなくなりました。

翌日はやはりはいそうという訳にも行かず覗きには行きませんでした。

それから2日程経った夜にいつもより慎重に両親の寝室に近づくと何とドアが開いています。
驚きましたが覗きたい衝動には逆らえずゆっくり見てみるとおか○さんはいつもの様に行為を見せ付ける様に
セックスをしています。

暫くするとおと○さんは僕に気付き「いいからこっちに来い」と言い手招きしました。

僕はちょっと怖さを感じながら近づくと
「おか○さんの顔を見ろ、良い顔してるだろ。お前も抱きたいか?いいんだぞ」
「服を脱いでおか○さんを喜ばしてやれ」とおと○さんはとんでもない事を言いました。

驚く僕の顔をおか○さんは紐を使い身動きできない状態で何も言わず見ています。
その顔は嫌がっているのではなく「して欲しい・・・」といった表情です。

「俺はシャワーを浴びてくるからお前が続いて抱いてやれ」と言い残し1階へ降りていきました。
僕は乳房にむしゃぶりつきました。
最初は本当は嫌がってるのか喜んでいるのか分かりませんが顔を見ず夢中で敏感で熟れた体の
隅々をを舐めまくりました。

もう僕のチンポはビンビンになっています。
おか○さんは僕の固くなった物を見ています。
僕は止まらなくなり身動きの出来ない姿のまま愛液のしたたるオマンコへ挿入し夢中で腰を振りました。
するとおと○さんがシャワーから戻ってきました。
そして「いいからいいから続けなさい。おか○さんも喜んでいるぞ」とおと○さんはおか○さんに
チンポを咥えさせおか○さんが夢中で舐めまくっています。
いや、舐め狂ってました。
そしてやっと舐めている口が自由になったかと思うと

「ああー!ウチの子のチンポが入ってるー!チンポ好きー!気持ちいい!もっともっとして頂戴!」

と絶叫したのです。
あの覗いていた時の淫乱な姿を僕に責められながらです。
それがおと○さんでは無く僕に責められ快感に狂ってるのです。

そしてマンコは何度も逝き僕も果てると休む事無くすぐに両親が続きをし始めました。


この日以来、僕と両親は男の女の関係として日々禁断の肉欲関係を送っています。
おと○さんが出張で帰ってこない日は僕は夫婦としておか○さんを抱き、時にはナマで精子を
注いでいます。

こんな変態禁断な行為ですが興味のある方は見てください。

Purchase Here

Price:1600pt

Put in Cart

Review

Average Rating:3

Product Tags

Product Inquiries

Product Options


To TOP
Recommended