Other

Search results 4 items

肉屋の日常~柔肉専科~ ③

猛暑が続く八月。その六日。 コンクリートジャングルの東京は、外出する気分になる場所ではなかった。だからなのか、不精な中出知男は、今日も、朝十時を過ぎたにも関わらず、ウィークリーマンションの一室で、冷房を効かせるだけ効かせながら、万年床ならぬ万年ベッドでごろ寝していた。風量少なく、室温だけ下げて、二十一度にしていた。Tシャツとトランクス姿で、寝そべって、スマホを耳に当てながら、A4ノートパソコンで

0 0300 ptby bizzareK
肉屋の日常 ~柔肉専科~ ②

八月最初の金曜日は午前中、といってもチェックアウト日時なら追い出される頃だが、相変わらず中出知男は、部屋一面のセミダブルベッドで、下着姿で寝転がっていた。彼は、パソコンに保存した、「面接時」の模様を、ニヤニヤしながら見ていた。マキとの面接時の動画を、繰り返し鑑賞していた。ふいに股間に手が伸びた頃、ハンガリー舞曲第五番の着信音が、鳴り響いた。物憂げにスマートフォンを手にして、青ボタンをタップすると、

0 0300 ptby bizzareK
肉屋の日常~柔肉専科~①

はじめに。序にかえて タイトルをご覧になった瞬間、察しのいい読者なら、いかな代物になるかは、おわかりであろう。そう、拙稿に登場する「肉屋」が扱うのは、家畜ないし家禽の肉ではない。概ね白い、女の肉だ。なので、いわゆるフェミニストの方々に、拙稿をお読みいただくことは、勧めない。ただしこの「肉屋」は、女衒とは違う。どう「捌く」かに興味のある方は、ぜひお読み頂きたい。

0 0300 ptby bizzareK
【限定数完売】B2X-4

本作品のFC2コンテンツにおける販売は終了しました。 下記の公式サイトで「ビットコイン払い」による販売のみ行っています。 === 『パトロンクラブ』 夢を持つ女性を応援する紳士の高級会員制クラブ 演出一切なしの完全素人モデルのみ https://patronclub.blog.fc2.com/ ===

0 029,800 ptOut of stockby Patron Club 紳士の高級会員制クラブ
1